■ 本日の聖書 (新共同訳聖書)

  イザヤ書21章11-17節【新共同訳】
◆エドムについての預言
11ドマについての託宣。
  セイルから、わたしを呼ぶ者がある。
  「見張りの者よ、今は夜の何どきか
  見張りの者よ、夜の何どきなのか。」
12見張りの者は言った。「夜明けは近づいている、しかしまだ夜なのだ。
  どうしても尋ねたいならば、尋ねよ
  もう一度来るがよい。」
13荒れ地についての託宣。
  荒れ地の茂みで夜を明かせ
  デダンの隊商よ。
14渇いた者を迎えるために
  水を持って来るがよい。
  テマの地の住民よ
  パンをもって、逃れてきた者を出迎えよ。
15彼らは剣、抜き身の剣
  引き絞られた弓
  戦いの苦しみを逃れてきたのだから。
16まことに、主はわたしにこう言われた。
  雇い人の年期のように、一年たてば
  ケダルの栄光はすべて尽きる。
17ケダルの勇士らの弓も残り少なくなる。
  イスラエルの神、主が語られた。